魔太郎がつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成27年10月24日 夏井の波止A

<<   作成日時 : 2015/11/18 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

〜前回のあらすじ〜


幼少期、チヌに両親を殺された男さとふはついにチヌを退治するため大分へと旅立った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

約束の時間になってもキムラ、オノ、マキバオーの3人が現れる気配がありません。


まぁマキさんがいるときは集合時間+1時間は考えていますので、想定の範囲内です。


先に釣り場に向かいます。



画像





小野さんの竿??

竿が硬てぇで。



一抹の不安が頭をよぎりましたがすぐに台船は出航。


なんとか竿出し出来そうです。


そうこうしているとマキさんの操縦する青い車が到着。


みんなで仲良く釣り開始です。



みなさんお待ちかね、今日の仕掛けとマキエの配合を書いた紙を私の母校の校庭に埋めてきましたので探し出してご確認下さい。



まずは今日も陽気なラテンのリズムでマキエを打ち、チヌを誘い出します。


詳細は先程も申した通り母校の校庭でご確認頂くとして今日はウキごと沈めるという奇策でチヌを一網打尽にする作戦です。


おそらく皆様は

「ウキを沈めたらウキを付ける意味がないではないか!」

「ウキがなかったらアタリをとれないじゃないか!」

「魚の寸法だけじゃなく釣り方までウソをつくのか!」



とたいそうご立腹だと思われます。


でもね、ウキを沈めると見えてくるものがあるんですよ。


眼前に広がる大海原を前にしてあんなちっぽけなウキをただひたすらに見続けるなんて、さとふ家御用達の高級リストランテ"ジョイフル"で「洋風ツインハンバークの和食セット大盛」を頼んでいるのにお盆の手前に配膳されている漬け物を食べるのに夢中で後列にあるツインハンバークに気付かずに帰宅するようなものです。



今日も大海原の鼓動を感じながらダンゴ餌をテンションフォールさせながら釣りをしていますと、



プルプルプル


と生まれたての子羊のようなアタリ。



画像




壮絶なやり取りの末上がって来たのは10年後には85センチの立派なマダイでした。


仕掛けを通して伝わってくるマダイが海中で反転した際に生じる波紋。

これを感じ取れるようになるまではフカセ釣り初心者のレッテルを貼られると思ってください。

マダイが底付近で群れていることを感じ取ったさとふは先程と同じ作戦で群れマダイ狙います。












沈黙。。。。。


どうやら気のせいだったようです。




さてさて、同行者のお三方はどんな様子かと伺いますと、、、



釣っております!


木村くんとマキバオーが!


しかも良型!年無し!


さとふに釣れないのにこの二人に釣れるなんて。。。


ドーピングの疑いがありますね。


尿検査したら出ますよ。


タンパクの陽性反応が。



ボウズ仲間は小野さんのみ!


小野さんに負けるわけにはいきません。


助六弁当を食べる手にも力が入ります。


しかし、無情にも時間だけが過ぎていきます。


後ろで寝ている小野さんと心中する覚悟を決めたとき、小野さんが動き出しました。



「しゅんちゃん、のど渇いた。コーラ買っちきちくりー。」



海の様子が変わったことを肌で感じとり、動き出したのではなく、のどが渇いたという生理現象で動き出した小野さん。


今日は間違いなく小野さんと心中することになりそうです。



時間だけが過ぎていきます。



ビシッ!



木村くんかマキさんがまた掛けたのかと思っておりましたが



「きたでー!」


と声をあげたのはまさかの小野さん。。。


しかも良型チヌ。


「しゅんちゃん、ポイント休ませちゃらなダメでぇ。」


私はてっきり小野さんのことですので、人間の三大欲のひとつ、"睡眠欲"の赴くままにふて寝をしているものとばかり思っていましたが、スイッチのなかなか入らないチヌのやる気を出させるためにあえてマキエを絶ち、知らず知らずのうちに出てしまう殺気を消すため自らの秘孔を突き、一時的な仮死状態とし、海中に完全なる"無"の状態を作り出す。。。

そして、チヌが完全にポイントを離れるか離れないかという刹那のタイミングで。。

再びマキエを被せることによりチヌの補食本能をかき回す。


深い…深いぞチヌ釣りは!





さとふ今日の一句

「釣りは自然との戦い? じゃあ勝てるわけないや」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成27年10月24日 夏井の波止A 魔太郎がつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる