魔太郎がつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成27年9月5日 矢部川(黒木西小前の瀬) 修羅の国編!

<<   作成日時 : 2015/09/07 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

忘れてはいけないものランキング18億年連続1位をキープ中の「竿」を忘れた男さとふの運命やいかに!



「竿が無い。。。」


人間って絶望を目の前にすると本当に口に出してつぶやいてしまうようです。




しかし!このさとふを甘く見てはいけませんぞ。

この危機的な状況においてもいたって冷静。


なぜかって?


だって竿忘れるの2回目だもの。




そう、あれはさとふが一番血気盛んに釣りに行っていた高校生の頃のはなし。

当然、車の免許なんて持っていませんので、釣りに行くのは自転車がメイン。
しかし、遠くに行くには自転車では役不足です。


そのような時は一緒に行く大人の方々の車に乗せていってもらっておりました。


その日も大分県南へ磯釣りに行くため、同行者に便乗させてもらう運びとなっていました。


その日は某釣具スーパーイヴ戸次店に集合でしたので、親にイヴまで釣具を運んでくれと懇願し、道具を運んでもらいました。


さすがに夜中の1時に運んでくれとは言えませんので、夜の10時くらいに道具を運び、私は釣具屋さんで集合時間まで待機しておりました。

店員さんが盗まれたら困るやろうけん奥に道具を置いてて良いよと言ってくださったので、ありがたくご厚意に甘えて店舗奥の物置みたいな場所に道具を置くことにしました。

クーラー、バッカンと順次置いていき竿ケースの番になったとき2列に高く積み上げられたパン粉が入っているであろう米袋が目に入りました。

その間にちょうど30センチほどスペースが空いていることをさとふは見逃しませんでした。


ここに竿ケースを立てたらサイズもピッタシだし、倒れることもない。


私はハリガネムシに寄生されたカマキリのように自分の意思とは無関係にそこに竿ケースをスッポリと収めました。


その時の私に言ってあげるとするならば、



「そこ死角!!」




当然ながら合流した同行者の車に荷物を積み込みましたが、そこに竿ケースの姿などありませんでした。。。




そのような過去の経験から、悔やんでいるヒマがあったらすぐに取りに帰るという判断を下し、友缶を川につけて一時帰宅。

ちょうど着替えとタオルも忘れていたので同時に捕獲。


何食わぬ顔で矢部川へ戻ります。


川は透明ですが、水量はかなり多い状況です。

私は、今日は尺鮎が釣れるようなとても不思議な感覚に襲われていました。

ゾーンというのでしょうか。

一流のトップアスリートだけが感じることのできるというアレです。

川に入り、腰まで浸かり、囮を激流の中へリリースします。

反応がありません。

嵐の前の静けさとはまさにこのこと。

聞こえるのは私の口ずさんでいるチャラの「優しい気持ち」だけ。

しばらく引いているとズシーンと仕掛けが重たくなりました。

んっ?タコでも釣れたかなと思っていましたが根掛かりのようです。

私の仕掛けは極太仕掛けなので、思い切り引っ張るとかなりの高確率で根掛かりが取れます。

いつものように慣れた手つきで竿をグイッと絞り上げた瞬間、








パキァン!!!







優しい気持ちが流れる晩夏の川面をつんざく破裂音。

振出し竿であるはずの私の竿がスリーピースロッドに早変わり。

引田天功のテンコーイリュージョンですら遅いと感じるほどの早変わり。





尺鮎は釣っていませんが。。。




竿が無くなりましたので、、、




平成27年の鮎釣り納竿なり。







肩を落として川から上がろうとスマホで川の写真を撮りながら歩いていると転倒!


スマホ水没!


ワンターレン死亡確認!








「今すぐこの俺を半殺しにしろっ!」

と叫んだべジータの気持ちがようやくわかりました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さとふさん
毎日楽しく拝見させていただいております。
わたくしの他にも釣りに竿を忘れて行く人間がいたことに深い感銘をうけております。しかも、竿を折るテクニックでもっとも難しいと言われている三節棍折りをマスターしているとは驚きでございます。

まだ、わたくしとの毎年恒例の矢部川尺鮎祭りも行っていないのに納竿とは、悪い冗談はいけませんよ。
近々そちらへ伺った時には、9メーターを優に超す孟宗竹を担いで登場するのはお見通しでございます。

竿の行き着くところはやはり、ワンピースであります。
キラッチ
2015/09/10 11:06
キラッチ様いつも忌憚なき意見ありがとうございます。

まさかこんな納竿になるとはノストラダムスも驚愕していることと思います。

ただ、納竿バーベキューはいつでも準備オッケーですんで連絡ください。
フグの一夜干しを持って参加させていただきます。

あと、ワンピースロッドは可能ならば真竹でお願いします。
物干し竿として大事に使わせていただきます。
さとふ
2015/09/11 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成27年9月5日 矢部川(黒木西小前の瀬) 修羅の国編! 魔太郎がつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる