魔太郎がつる

アクセスカウンタ

zoom RSS 年無しアジを求めて

<<   作成日時 : 2016/03/21 12:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは!

和製ショーンコネリーことさとふです。

年度末ですね。

もう忙しすぎて、ごはんを食べる時とテレビを見るときとボーっとするときとお風呂に入るときとトイレに行くときと寝るとき以外は仕事漬けの毎日を送っております。

さてさて、春の陽気を感じるようになると、にわかに活気付くのがチヌ釣りではないでしょうか。

そろそろ大分県の風物詩ロクマルちぬを目指して蒲江詣りに足しげく通う信心深い釣り人がちらほら見受けられる今日この頃。

私も野暮用で大分県入りしましたので、ロクマルちぬの討伐に乗り出しました。

が!

今から釣りに行ったとて蒲江到着は早くても日没後。

私の愛車であるアウディーアトレーワゴンをターボ全開、溝落としガンガンでも日没間際が良いところ。

蒲江はいくら夕マズメがバブリーな時間帯とはいえいかんせん時間が無さすぎる。


。。。


そうだ。

アジ釣りに行こう!

蒲江で日没が過ぎても諦め悪くチヌを狙っていると釣れる尺超えの巨アジを!



そうと決まれば早速キラッチさんにピッポッパッポッピと電話を掛けます。


キラッチさんのロシア軍に匹敵すると称される情報網によるとアジが釣れるなら楠本の波止。

ただし、ゼロかイチかの厳しい釣り。

でも、掛かったらデカイ。


相手はかなりの手練れのようですのでキラッチさんにも応援に来ていただく約束を交わし、蒲江へゴー。


キラッチさんと釣り場で合流しますのでせめてものおもてなしとして、キラッチさんの大好物“おはぎ”を購入。

画像


キラッチさんの喜ぶ顔が目に浮かびます。
(のちに箸が入っていないことが判明し、佐藤家の仏壇行きが決定することとなりますがそれはお話の後半で)


また、餌を混ぜに寄ったイブで木村くんの新作ウキである釣研さんのプログレスチヌハイグレードが陳列されていましたので衝動買い。




道中、寄り道をしすぎたせいで完全に日がくれた午後8時頃、蒲江は入津湾の楠本浦の波止に到着。

爆風につき人っ子ひとりおりません。

完全なるプライベート堤防です。


仕掛けを組んで釣り開始。

強風を予測していた軍師シュンベイは1号の円錐うきに昼夜兼用アダプターを装着したポルトガル式の仕掛けで巨アジを狙います。

丹念に底をとり、低層を回遊する巨アジの群れを一網打尽にする計画です。


開始早々、水面を漂っていたケミホタルが勢いよく斜め45度の角度で引きずり込まれます。

アジは早あわせは禁物!

一呼吸おいてビシッとあわせます。

ヒット!

ギュイギュイと引っ張ります。

これは間違いなく良型のアジ。

群れを散らさないようにマキエを打ち、やり取りを続けます。

アジが海面を突き破ったと同時にタモ入れ。

目メジャーで42pの丸々と太ったマアジ。

時合いを逃してなるものかとすぐさま仕掛けを投入すると再びウキがスコーン!


ギュイギュイギュイーン


同サイズのアジ!


面白いようにこのサイズのアジが入れ掛かり。


20匹程度釣ったところで群れが消えたのか、パタリと食わなくなったところで納竿とし、鼻歌でTOKIOのラブユーオンリーを歌いながら帰宅。





という完璧なる方程式が組み上がりました。

そして、方程式通り1号の円錐うきに昼夜兼用アダプターを装着しました。

しかし、ここで予想外の出来事が。

「ケミホタル買うの忘れた。。。」

まままままぁ、この程度の逆境は想定の範囲内。

むしろこのくらいのことがないとこのさとふに本気を出させることは不可能です。

それに遠い昔、全遊動釣法の練習と称して木村くんと夜に昼間と同じ仕掛けで手元の感覚だけを頼りに釣りをしていたこともありましたので何ら問題はありません。


早速、方程式は一部崩れましたが、勝負はこれからです。

丹念にタナをとって底スレスレを狙います。





ケミホタルないけんタナがとれん。。。



まあまあまあ、足元のタナをとって、それに捨て石分の水深約1.5メートルをプラスすればだいたいタナはとれるだろう。


もはや方程式は完全に崩れ去っておりますが、諦めたらそこで試合終了です。

吹き荒れる風にさとふの体温はどんどん奪われていきます。

しかし、こういう時のために普段から脂肪を蓄えているのです。

寒かったから帰りましたなんて肥満児として口が裂けても言えません。

さぁ!どんどん脂肪を燃焼させて熱エネルギーを生み出すのだ俺の体よ!

と体を鼓舞し釣りを続けます。





その後もオキアミが取られることすら一度もなく、マキエが無くなりましたので納竿と致しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さとふさん
毎日楽しく拝見させていただいております。
言ってみれば、釣果が無ければブログを更新しなくてもいいのに、あえて更新。何度やっても無くならない忘れ物。頭の中では実際更新記事の3倍以上の内容があるにもかかわらず、途中で“もういいや、これで!めんどくせ!“という妥協。

どこをとっても非の打ち所がございません。
わたくし思わず叫びました。

おー我が友よ❗
キラッチ
2016/03/24 11:52
キラッチ様
いつも忌憚なき意見ありがとうございます。

お褒めの言葉を頂きまして大変恐縮でございます。

やはり報道に携わる人間として「釣れない」という情報も汚れ役の誰かが発信しないといけないだろういうキラッチさんと同じジャーナリズムを持っていると自負しております。

ただ、私の失態を教訓として昼夜兼用アダプターを誇らしげに購入したにも関わらずケミホタル25を買っていないお客様には一言声掛けしていただけると私のような忘れ物慣れしていない釣り人には大変喜ばれると思いますよとみどり姉さまにお伝えください。
さとふ
2016/03/24 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
年無しアジを求めて 魔太郎がつる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる